FC2ブログ

神奈川・相模国一宮・寒川神社

↓クリックでブログランキングへの応援よろしくお願いします

人気ブログランキング


今日の神見大福



●今回は神奈川県・寒川神社のリメイクで更新します。

●限られた人しか入れない本殿奥にある神嶽山神苑も紹介。

●寒川神社で受けた人生初の御祈祷体験・・・僕にはちょっと早すぎたかもしれん(笑)



ピックル少年の事件簿

【2018年1月】

冬はどうしてこうも肉を食べたくなるんだろう?
冬はクリスマスよろしく酒池肉林(性的な意味でも)。
寒々とした環境は人間に「種の保存」という本能を呼び起こし、原始に帰す。

そんなノリで新年会パーリー(和訳:パーティー)を開催。幹事は僕。

パーリーを制御する役目を仰せつかった僕。途中からコントロールできなくなり、終いには罰ゲームを掛けたゲームに発展。

友人「はい!ピックル罰ゲーム決定!」

僕「ポッキーゲームだけはやめて!」

友人「皆のもの!取り押さえろ」

取り巻き「御意!」

2-1.jpg



僕「やめれーーー!我が唇はガッキー(新垣結衣)のためにとっておいて・・・」

友人「では、参る!」


2-2.jpg

僕「あありゃえりょうありょうあえりょう!!!」

翌日の新聞:世にもおぞましい光景を目の当たりにした。



【2018年2月】

トイレの個室で用を足していた友人が「すごい落書き発見」と言ったので中に入ったら壁に見事な女性の裸婦のイラスト。

「何これ!スゴイ!」、「超凄い!」

と盛り上がったのち、二人揃って個室から出たら掃除のおばちゃんと目が合い、

「あっ、失礼」

と言って気まずそうに出て行った。違う!僕らは何もやってない!



【2018年5月】

都内の電車にて、社会の窓を全開にした男性が僕の前に鎮座。「窓」からは魑魅魍魎の一種がチラ見。

――――以下、この人のムスコサイドからお送りします

朕子「ぷわっ!(;^ω^)  なんすかここ!電車?!電車っすか?!いやいや、親方!それはないわー」

僕「・・・・」

朕子「何ジロジロ見とんねん!下郎が!」

―――――――――――――――――――――――

翌日の新聞:「朕子」って・・・皇太子に失礼じゃね?



えぇ・・・っと・・・なんでしょう、この


男色ディーノ(@プロレスラー)の破廉恥日記


みたいな出来事の数々は。英雄色を好むとか言うけど、色は色でも男色の方は勘弁。

一応言っとくけど、これ全部受け身の出来事だから。僕から何かしたってわけじゃないから。僕はヒト科メスにしか興味ないから。


分かったな!分からなくても取り敢えず首を縦に振れ!


今年は厄年でもないのに、こんな変な出来事が僕の周りで一々起きやがる。こんな感じで厄年でもないのに悪い出来事が全部盛りな状況が続くようだとこれを疑ってみると良い。それが、


八方塞
(はっぽうふさがり)

八方縛



古来より日本では「八方塞になるとやることなすこと全てダメ」という考え方があって、八方塞になった人を待つのはしゃぶるか、しゃぶられるかの修羅の世界(ぇ

そんな不幸な状況に陥った人を救ってくれる、大変ありがたい一宮神社が神奈川県にあります。

それが、旧相模国一宮・寒川神社です。




1.基本情報



社紋

寒川神社(さむかわじんじゃ)

●所在地:神奈川県高座郡寒川町宮山3916
●主祭神:寒川大明神
●社格:式内社(名神大)・旧相模国一宮・旧国幣中社・別表神社
●創建:456年(一説有)
●最寄り駅:JR相模線「宮山駅」(徒歩5分)
●御朱印対応:あり

目次に戻る


2.寒川神社ってどんな神社?



寒川神社はサービス精神旺盛な神社で、参集殿(本殿で御祈祷を受けるときに一旦集合する場所)を最新のものにして参拝しやすくしたり、カフェも新設して参拝の疲れを癒してもらおうともしているんです。

そんな寒川神社ってどんな神社?って思う方のためにまずはこのCMをご覧にいただこう。



お分かりいただけたであろうか?

バブル期のB級トレンディドラマか?とも思える内容のCMだったけど、「是非とも寒川神社に来てください!」っていう必死さは伝わったと思う。
(若干情熱が空回りしている感は否めないが(笑))

しかし、僕みたいな非モテの男が見たら


「リア充がぁぁぁ!!!きええええええ!!!」


って発狂したくなるんですよね。分かるかなぁこの気持ち!(ぇ

嫉妬で歯を砕けさせて、僕を総入れ歯にでもさせたいのだろうか?この神社は・・・(ンゴゴゴゴ

でも、実際はこの神社ほど「次もまた参拝したい」って思う神社は関東にはないかもしれない。それぐらい素晴らしい神社なんです。

そんな寒川神社がどういう神社なのか?次のチャプターから詳しく紹介したいと思います。

目次に戻る


3.アクセス



寒川神社の最寄り駅はJR相模線「宮山駅」。

20180520_115914604.jpg

20180520_062158043.jpg


相模線は神奈川にあるJRの路線なんだけど、なんと単線の路線!

都会の路線で単線とか、どこの平行世界だよって話。しかも、都会 of 都会の神奈川県で単線ですよ。
「地方議会議員が建設費を横領したに違いない!」って現代のモリカケ問題を彷彿とさせるような疑念すら湧かせる路線、それが相模線。

相模線で宮山駅に行くのはちょっとだけ大変。都会の路線なのに1時間に3本しか通っていない。


参拝前に会社の同僚に「今度寒川神社行くよ」と言ったら


同僚「あの辺り・・・何もないよ」

僕「でも、一応神奈川だしコンビニぐらいはあるでしょ」

同僚「本当に何もないって!フォーエバー畑だよ」


と言われていたので、ある程度身構えていた。

宮山駅から降り立って、
「よっしゃーーー!相模国の一宮!見てやるぞ―」

って意気揚々に駅から出てみた。栄光の架け橋という名の神社まで放物線を描きながら駆けまくろうと思った瞬間、思わず立ち止まる。


僕「ほ、本当に何もないやんけ・・・」


駅前にはコンビニが一つだけ。後は隠し味程度に民家と畑があるだけ。しかも、駅はあの小ささ。

小さくまとまりやがって。お前の力はそんなもんかって突っ込みの一つも入れたくなりますよ。
田舎 of 田舎の僕の出身地:青森県でも、このクラスの路線&駅は中々ない。

「あれ?ここって本当に神奈川県なんだよね?」って疑問詞、感嘆詞が出ること間違いなしの場所。

そんな宮山駅から徒歩5分のところにあるのが今日紹介する寒川神社。

目次に戻る


4.境内図



全国一宮巡拝会のHPに載っている境内図に加筆したのがこちら。

寒川神社 境内図

(↑クリックすると大きくなります)


寒川神社は大きく二つのエリアに分かれてて

①通常の参拝客が参拝出来る本殿・拝殿までのエリア

②限られた参拝客だけが入れる本殿裏の神嶽山神苑のエリア


どちらのエリアも、休日は多くの参拝客で溢れかえっています。初詣の時期となると40万人もの参拝客で賑わうほどの人気っぷり。

ただ!


僕は人混みが大の嫌い


ストロングオブ嫌い
嫌いオブ嫌い
(↑英語の文法とかこの際無視する)

なので、「誰もいない寒川神社」を拝見するべく、朝5時での参拝を決意しました。その時の寒川神社がどうだったのか?次のチャプターからご覧あれ。

目次に戻る


5.鳥居



【一之鳥居】

一之鳥居は寒川神社の境内から更に1km南下したところにあります。

20180520_073131049.jpg



最寄り駅の宮山駅からは

寒川神社の境内まで:徒歩5分

寒川神社一之鳥居まで:徒歩15分


ぐらいかかる。宮山駅からは境内までは近いんだけど、一之鳥居から参拝しようと思うと結構な距離があるんです。

ただ、寒川神社の神徳を十分に得ようとするなら、やっぱり一之鳥居から参拝したいものですよね。
故に、寒川神社に参拝する際はここもチェックすべし!と思います。



【二之鳥居】

一之鳥居から500mほど北上したところにあるのが二之鳥居。

20180520_072332252.jpg

ひときわ高くそびえるコンクリート造りの大鳥居。高さはなんと16mもあります。



【三之鳥居】

寒川神社の神域の入り口に立つのが三之鳥居。檜造の明神鳥居。
紀元2650年奉祝記念事業として平成2年に立て直された新しい鳥居。

20180520_063005941.jpg

20180520_063132708.jpg



三之鳥居の隣には社号碑

20180520_062940368.jpg



手前には神池と太鼓橋があります。

20180520_062951511.jpg


朝日に照らされた神池。跳ね返る光の粒子が洪水となって得も言われる光景を創り出している。

20180520_065714737.jpg


朝早くに参拝するとこんな素晴らしい光景が見れるんですよ。
「早起きは三文の徳」って言葉作った人も、こういう光景を目にして作ったに違いない。

目次に戻る


6.参道



初詣だけで40万人も訪れる寒川神社。

平日、休日問わず朝早くから多くの参拝客で賑わっている神社なので、こういう誰もいない参道ってのは珍しいんですよ。

20180520_063147040.jpg



深い社叢(しゃそう)に覆われていて、周りにある常夜灯が朝靄(あさもやけ)の中でも灯る早朝。その明かりは趣深い。

澄んだ空気は、都会の喧騒で荒んだピックルの心をも浄化してくれるかのようです。



そんな参道を歩くと道中右手に旧三之鳥居が分解された状態で置かれているのも見えます。

20180520_063236574.jpg


この鳥居は1796年に建てられたものだったけど、1923年に起きた関東大震災で倒壊破壊。
130年もの間、寒川神社の鳥居として建っていたものだったので棄てるに棄てられずこの場所に安置しています。


目次に戻る


7.手水舎・神門・神馬舎・狛犬



【手水舎】

参道を通った後に見えてくるのがこの手水舎

20180520_063412202.jpg


手水鉢は横2.4m、幅1.4mの福島県産の浮金石(うきがねいし)を使用していて、側面には寒川神社の社紋が彫られています。

20180520_063426800.jpg

20180520_063432474.jpg




朝一番に参拝したピックル。手水舎の柄杓が整然と並んでいて、この時点で心躍るほど興奮。

誰にも荒らされていない朝一番の手水舎を拝めるなんて、何と贅沢なことか!

20180520_092538074.jpg




「安西先生!もう、僕・・・寒川神社が大好きです!」


もう、自分に嘘はつけそうにない。Tell a fact to 自分(←英語の文法はこの際無視)

目も真っ赤になって、頬を一筋の涙が。



わ、わーらー!(訳:water)


くっ、あ、朝日の光が目に入ったせいだ。

朝早く神社に参拝することがこんなに素晴らしいことだったとは。テレビゲームで夜中まで夜更かしして、朝早く起きることなど皆無だったピックル。今までなんと無駄な人生を送ってきたことか(ぉ



【神門】

手水舎の近くにあるのがこの神門。

20180520_070712781.jpg

20180520_064813084.jpg


1993年に建てられた入母屋造の重層式の建物。威風堂々とした姿が印象深い。

裏から見てもこの迫力

20180520_063836170.jpg


この見事な建築物。見てるだけで失禁しそうなほどの情景的感動。失禁とか断じてしないけど。



【神馬舎】

手水舎の隣にあるのが神馬舎。

20180520_064704186.jpg


とは言っても、実際に神馬があるわけではなく、現在は神馬の像が中に納められているだけです。

20180520_064736767.jpg




【狛犬】

神門の手前に一対の狛犬。

この狛犬が・・・

まぁーーー、デカくて、いかついんです。


高さ3.6m、横2.3m、幅1.8m。重さは25tにも及ぶ巨大な狛犬。


特にこの吽(うん)型の狛犬を見てくださいよ。


20180520_064640182.jpg

「軽トラでも、弾道ミサイルでも撃ち込んでこいやぁぁ!!」

と言いたげな迫力。


銅頭鉄額!

雄大豪壮!

堅牢堅固!

この狛犬を表す言葉は枚挙にいとまがない。



仮に!仮に僕が喧嘩を挑んだら


狛犬「下郎が立場を違え(たがえ)おって!この世の塵としてやるわ!!」

僕「あん?たかが犬の分際でパスカルの『考える葦』と云われるホモ・サピエンスに立てつこうとは片腹痛・・・ありょうがりゃおうあぁぁぁぁぁ!!!」

と叫び声を上げる間もなく瞬殺されそう。



ちなみに、阿(あ)型の狛犬もこの威風堂々っぷり。

20180520_064536889.jpg


一匹ならず、二匹ともこの迫力。これには「東北の風雲児」と言われた僕も勝てそうにない(ぇ

目次に戻る


8.拝殿・本殿・御祭神



【拝殿】

神門の中より拝殿を望む。

20180520_070917009.jpg


まるでラピスラズリを薄めたような見事な青い空をバックにした拝殿。絵画のような均整の取れた美しさに目を奪われる。

20180520_070926569.jpg



tegami.jpg

「ビュ、ビューーティフル!!」(ピックル心の中の声)


こんな贅沢な光景を独り占め!人類の歴史上、燦々と君臨した独裁者でもこの光景を独り占めするのは難しいかもしれない。

天皇陛下とか、総理大臣とかそのぐらい位の高い人じゃないとここまで無人の寒川神社って拝めないと思うんですよね(人払いできるし)。

実際、人がいなかった時間はわずか1分ぐらい。1分だけの奇跡の光景。



拝殿は総檜(ひのき)の壮麗な造り。用材は長野県木曽の御嶽山麓(おんだけさんろく)にて伐り出されたものを使用しています。

20180520_070847286.jpg

20180520_064018331.jpg

20180520_063700731.jpg

20180520_063725124.jpg



本殿・拝殿は1997年に建てられた比較的新しいもの。設計者の竹澤要さんという方は

「大地と共に自然と調和する」

「人々に安らぎと微笑みを与える」


をコンセプトにして設計したらしく、広く端正な間口で参拝客を迎えてくれます。



【本殿】

本殿は流造。神威溢れる厳か(おごそか)な本殿はガードが高くて、この写真も相当に角度を計算して撮ったものです。

本殿

それでも一部しかお目にかかることが出来ません。

本殿に近い造りは、社殿の側面にある「翼殿」。ここから本殿の姿を想像することも出来ます。

翼殿



【御祭神】

寒川神社の本殿で祀られている神様は

寒川比古命(さむかわひこのみこと)

寒川比女命(さむかわひめのみこと)



の二柱。現代の「何でも略する」トレンドに合わせて、寒川神社ではこれら二柱をまとめて

寒川大明神

と呼んでいます。


この寒川大明神。西の人ならず、関東の人でも


「誰?こいつ」


と思う人が多い神様だと思う。



それもそのはず。この神様は「古事記」や「日本書紀」で描かれているような日本神話で登場する神様ではなく、旧相模国に存在する土着の神様だからです。


全国各地にある一宮神社は日本書記に登場する神様を祀っているのが大半で、寒川神社のように土着の神様を祀っているのはかなり稀。


寒川神社は神奈川県・相模川の近くに鎮座。

20180520_115621611.jpg


そんな寒川神社が祀る寒川大明神は相模川の洪水を鎮め、交通の要所に睨みをきかせるための神様。旧相模国を開拓し、衣食住など人間生活の根源を開発指導させた神様ともされています。




【御神木】

拝殿の手前に二本の御神木(杉の木)があります。

20180520_063911578.jpg


この二本の御神木は寒川神社が祀っている寒川比古命、寒川比女命をそれぞれ祀っているとされていて、それを予め知っていたピックルはこの御神木を前にして

「カタカナの『ネ』に、申すと書いて・・・神様!!!」

と感動に打ち震えていたのは仕様。

目次に戻る


9.神社解説



寒川神社は「旧相模国一宮」と呼ばれていて、約1500年の歴史を有する神社。

創始された年は良くわかっていないけど、456年に創建されたのが一説。

社殿は727年に建立されたのが最初です。時代区分でいうと古墳時代にも遡ることになります。

現在の寒川神社が建てられている地の開拓者が湧水量の豊富な池(難波の小池)を崇めたことが起源。

この「難波の小池」という池は寒川神社本殿裏の「神嶽山神苑」というエリアにて、現在でも一部の参拝客だけに限って参拝することが出来る神聖な土地となっています。


さて、そんな寒川神社が全国の一宮神社と比して特殊なのは

八方除信仰

があることです。


八方は「方位信仰」の一種。

方位信仰は元々古代中国より伝わったもので、平安時代には陰陽道として物忌(ものいみ)や方違(かたたがえ)などが貴族の間で盛んに行われたものです。

陰陽師


物忌(ものいみ)
ある期間中、心身を清浄に保つため、飲食や行動を規制すること。具体的には肉食や匂いの強い野菜の摂取を避け、他の者と火を共有しないなどの禁止事項がある。


方違(かたたがえ)
外出や造作、宮中の政事(まつりごと)や戦の際、その方角の吉凶を占い、もし悪い方角へ行かなければならない時は、一旦他所へ迂回・滞在して、目的地が凶方にならないようにして向かうこと


この陰陽道と仏教の思想を神道に融合させて神道教学の一つの形を確立させたのが吉田兼倶(よしだかねとも)という人を祖とする


「吉田神道」


「吉田神道」は全国の神職免状を発行する権限を江戸幕府から与えられて、事実上全国の神社を統括することになります。

吉田神道



寒川神社唯一の神主家である金子伊予守(かねこいよのかみ)も代々、吉田家より神職免状を受けていて、方位信仰もその流れで信仰されていたと考えられています。

その頃(江戸時代)の社殿は結構シンプルで、今と比較すると結構小ぶりなもの。

江戸時代 社殿



現在の社殿と比べると一目瞭然

現代の社殿



江戸時代の頃の社殿は現存していて、現在の寒川神社に近い、神奈川県寒川町倉見に鎮座する「倉見神社」にその姿を見ることが出来ます。

倉見神社





明治時代になると、神道は国家によって管理されることになり、吉田神道や陰陽道は廃止されて、旧来の方位信仰は失われていきました。

明治以降は近代社格制度に依るところで上から四番目となる「国幣中社」に格付けされたけど、国から神社に対しての供進金は減少します。

国幣中社



更には、鉄道網発達の恩恵も受けられず交通の便も悪かったこともあって、寒川神社の社勢は徐々に減少。このままでは寒川神社を維持するのが困難になるかもしれない・・・そんな絶望的な状況下で当時の宮司が


「原点に返って寒川神社は何のためにあるか考えてみよう」


と思うようになります。



その結果、旧来あった「方位信仰」を重視し、それを寒川神社の存在意義と捉え、方位信仰を再度追求することになりました。

明治41年(1908)年には横浜毎日新聞紙上に

「お正月に、遠くは東京や横浜から参拝者が殺到し、八方除神札を数千体受けた」

との記事があることから、この頃には八方除信仰は再び勢いを取り戻していく様子が見て取れます。



現在では全国唯一の八方除の御神徳が得られる場所として多くの参拝客が訪れる寒川神社。

寒川神社に参拝することで、全ての禍事(まがごと)、災難を取り除き、家業繁栄(かぎょうはんえい)、福徳円満(ふくとくえんまん)な日々をもたらすとされます。

また、「視聴率祈願の神社」としても知られていて、初詣の日にはテレビ関係者の祈願も後を絶たないとか。

目次に戻る


10.八方除ってそもそも何?



キリスト教を信仰する家に生まれたピックル。

神道もよく解説できないのに、「八方除」っていう新しいワードも出て、頭から煙が出そう・・・

でも、センター試験も受けて、国立大学も出たピックル。その矜持を持って八方除について必死に勉強しましたよ(エッヘン)


ただ、これ読んで
「ピックル全然わかってねぇじゃねぇか!」

って思っても、モノをぶつけないでくださいね・・・お、同じ哺乳類同士話せば分かりあえるはず(何


さて、本題。


八方除とは、地相・家相・方位・日柄などからくる悪事災難を取り除くこと。

八方除の『八方』は字の通り方角のことを指していて、360°を8分割して方角を定め、
東・西・南・北・北東・南東・北西・南西のことを指しています。

八方除



人には人相があるように、住む家には家相が、土地には地相があるとしていて、それぞれの『相』には方角が関わっているというのが「方位信仰」の考え方。

この地相・家相の良し悪しが、そこに住む人々の健康や生活に大きく影響すると考えるのが「方位信仰」。このような考え方は中国では風水思想として今も根強く残っています。

しかし、家相や地相を基に家を建てようと、より良い土地を求めようとしても、その「良い土地」には当然ながら限りがあるので、もし家相や地相の「悪い土地」に住んだらお先真っ暗になってしまうじゃないか?

不幸にも悪い「相」に当たってしまい、それがもとで災厄にあってしまった人を救うのが「八方除」の役割。

八方除は、悪相にあった時に、日々の生活形態を変えずに災厄を取り除くことが出来るというのが特徴。

もし、八方除がなければ、良い相を求めて日本全国をウロウロと引っ越し行脚したり、時間や方角を気にしたりと心労絶えぬ日々を送ることになる。



そんな八方除の御神徳がある寒川神社には、八方除につながる「方位信仰」を表すモニュメントが拝殿前にあります。

それが、この「方位盤と渾天儀(こんてんぎ)」。

20180520_064101075.jpg

20180520_064110083.jpg


渾天儀は中国から伝わった天球儀の一種で、天体の位置を測定する器具のこと。これが八方除の象徴として拝殿前に飾ってあるのが印象深い。

目次に戻る


11.寒川神社が作り出す「レイライン」



「寒川神社の上を通る太陽が沈む方向に沿って、日本を代表する聖地が一直線に結ばれる」

そんな話があるのも寒川神社の特徴。

春分・夏至・秋分・冬至それぞれで太陽の向きも変わるので、季節毎に結ばれる聖地も異なるけど、この結ばれる先の聖地が結構凄いんです。


【春分・秋分の時】

春分・秋分の時は真東から太陽が昇って、真西に沈みます。寒川神社が真上を通った後、太陽が沈むルートをたどってみると。

寒川神社→富士山山頂→出雲大社のラインを通ります。

地図で表すとこんな感じ。

春分、秋分のレイライン



【夏至の時】

夏至の時は真東の北寄りから太陽が昇り、真西の北寄りに沈みます。

北東の方角から来た太陽が寒川神社を通り、丹沢の大山へと続くライン上(北西方向)に沈みます。

地図で表すとこんな感じ。

夏至のレイライン



【冬至の時】

冬至の時は真東の南寄りから太陽が昇り、真西の南寄りに沈みます。
南東の方角から来た太陽が寒川神社を通り、箱根の神山へと続くライン上(南西方向)に沈みます。

地図で表すとこんな感じ。

冬至のレイライン



全ての季節で寒川神社の上を通った太陽が全国のパワースポットを巡る「レイライン」を形成する。

古代の人々はこの寒川の地に特別な思いを込めて寒川神社を建立したんじゃないかと思うエピソードの一つです。

目次に戻る


12.寒川神社の聖地:神嶽山神苑



本殿の裏側に「神嶽山神苑」(かんたけやましんえん)というエリアがあります。


ここは寒川神社の聖地:神嶽山があるところで、

「寒川神社に参拝した際にはここにも参拝した方がいいよ」

って某ブロガーの人が言っていたので、ここもチェックしてみようと思ったんですよ。



ただ!ただね!この神嶽山神苑は一部の参拝客しか参拝できない。参拝できる条件が

『本殿で御祈祷を受けた参拝客のみ入ることが出来ます』


は?




マジですか
ああそうですか
そうですか
(「ピックル怒りのサラリーマン川柳集」より抜粋)




この神嶽山神苑を参拝するには本殿で・・・御祈祷・・・えぇ・・・マジで?!

キリスト教徒の家に生まれた僕に神道の御祈祷を受けさせる気ですか!そんなことさせたら旧約聖書でソドムとゴラムを滅ぼした神の雷(通称:インドラの矢)でも降ってくるかもしれないというのに(ぇ

ああああ!


こ、こんな素敵な神社を僕の背徳&キリストの怒りで破壊させるなんてことは・・・ことは・・・出来ない。

などと無駄な悩みを延々と巡らせていたんだけど、実際は


「御祈祷料は・・・最低で3000円?!うーん、どうしようかな?」


っていう現金な悩みだけで(笑)

3000円あれば生ビールジョッキで6杯でしょ?最近暑くなってきたから御祈祷よりも外でビールだと思うんだけどなぁ・・・後、焼き鳥を皮で一本つけてくれれば大満足なんだけど(何

と思いつつ、事前にこのことで相談(という名の「雑談」)していた妹からLINEで返信が


(テロン♪)


妹「神社で御祈祷受けると『御神酒』っていうお酒もらえるはずだよ」



(ガタッ!)

クララが・・・立った・・・!

ぐらいの勢いで立ち上がりましたよこのメッセージ見た瞬間。



早く言え、すぐ言え、ためらわず言え

の「言え」三段活用でもって妹に言いたくなるほどにこの情報は早く欲しかったわけで(ぇ



なんだなんだ!神道さんもわかってるじゃねぇか(←何様)

「御神酒!大盛り!つゆだくで!」

って華麗に言ってみたい。そんな気持ちは置いておいて、本殿での祈祷を済ませた僕は、遂にこの神苑への入場券を手にすることが出来たんですよ。



さて、そんな神嶽山神苑の中は以下のようになっています。

神嶽山神苑 境内図

(↑クリックすると大きくなります)

茶室があり、寒川神社の聖地があったりと、拝殿・本殿だけではない魅力が味わえる場所。

ここは元々は何人たりとも入れない場所だったんだけど、新しい社殿が出来てから10年を記念して整備され、2009年に開苑したところなので比較的最近になってようやく解放された場所でもあるんです。


ここで注意事項。
神嶽山神苑は365日いつでも参拝できるわけではありません。

期間:三月上旬~12月13日

時間:午前9時~午後4時


この期間・時間でないと入苑できないことに注意。



【入口】

神嶽山神苑の入り口。

20180520_093400759.jpg



これ見た瞬間。

「び、美食倶楽部?!」

という感想がまず思い浮かんだ(笑)。


漫画「美味しんぼ」の美食倶楽部の入り口と雰囲気が似ている。
中から「舌がベイビーな若造が来るところじゃねぇぞ!」と海原雄山っぽい強面の人に言われそうな雰囲気すら漂っていたんですよ。

す、すみません。普段カップラーメンしか食べないような下郎で・・・シーフードヌードルを体細胞が欲しがってて・・・

でも、僕は中に入りたいんです。

実際は係員の人に入場券を渡すと、すんなり入れるんだけどね(笑)




【手水舎】

神門前の手水舎でもお清めしたのに、中に入るとまた手水舎。二回も禊(みそぎ)をしないと入れないのがこの神苑

20180520_093505254.jpg

20180520_093517532.jpg



「手を洗えって言ってる奴は、まず体洗えって言いたくなる」

とか昔は暴言吐いていたけど、ここは神聖な土地。
「仕方ねぇなぁ」と呟きつつ、ジャバジャバと禊をする暴君スタイルが僕ism。



【難波の小池】

寒川神社の中で特に神聖な場所とされているのがこの「難波の小池」。

寒川神社の起源に深く関わりのある神聖な泉。

20180520_093614544.jpg

神聖な場所とされていて、何人たりともこの池の近くに立ち入ることは出来ません。



【裏参拝所】

標高100m程の小さい神嶽山。この神嶽山を通して寒川神社が祀っている寒川大明神を裏から排する場所。

20180520_093801712.jpg

20180520_093816940.jpg


手と手を合わせてお幸せ。

手を合わせて心を静めて拝します。



【内門】

裏参拝所の近くにあるのがこの内門。

20180520_093834041.jpg

20180520_093849326.jpg

ここをくぐると八方除の精気が漂う神聖な場所に入ります。



【八気の泉】

旧三之鳥居の基礎石から水が湧き出る池。

20180520_093911839.jpg

20180520_114015890.jpg



【茶屋・和楽亭】

先ほどの「八気の泉」を通して庭園全体が見渡せる茶屋がこちら。

20180520_094151970.jpg

20180520_094211910.jpg

20180520_113832283.jpg



あぁ・・・

また「美食倶楽部」っぽい建屋が(笑)

ここでは、抹茶と和菓子を出してくれる場所らしいんだけど、抹茶・・・結構高いんですよ。



店員「700円になります」


な、700円!?

随分足元見るなぁ・・・


あんなの茶葉をお湯でガチャガチャするだけじゃんと。
チョチョチョーイ!ってやって、ポポポーンってやって、バイバーイ!って感じで出来ちゃうじゃんって。

天真爛漫な笑顔で、随分と凄いこと言ってくれるなぁ。
なんでこんなに高いの?!ピッチャー振りかぶって、教えてテルミー!
そこをグッとこらえて、燃え盛る好奇心 to 抹茶。


本格的な抹茶とかこういう時でないと飲めない。
700円もその代償ととらえよう。


ただ!ただ!

普段、コカ・コーラプレゼンツの「綾鷹」も飲まない、茶の初心者の僕。こんなお高いものを呑んだたら、身体が「審議拒否」とかしちゃうかもしれない。野党でもないのに。


それに、僕みたいな味が分からない人間が飲もうとしたら奥から茶師がやってきて

「Yourマザーが作ったファンタメロンでも飲んでろ!」

って割と本気の説教喰らいそう・・・


なんて、無駄な被害妄想ばかり展開して待っていた僕に来た抹茶がこちら。

20180520_094506719.jpg


茶屋の雰囲気と相まって、何と趣深いことか。

20180520_094332929.jpg



茶屋には僕と一人の若い女性のみ。

ふっ・・・

「自分・・・茶を知っていますが何か?」

みたいな雰囲気で言葉少なめに飲んでみた。目配せしながら飲んでみた。

あの女性の、陶磁器のような白い手が、抹茶が入っている器を手に取るのを生暖かい目で見ながら。



あっ、トイレ・・・


もうーーーー!こんな自分が嫌い!


抹茶を一口すすった後に、何というか腹の具合が。案の定というか、予想通りというか、イギリスのブックサイトでも容易に想像出来ちゃった感じで身体が拒否反応を示したのか。

茶屋に入る前にすでにその兆候はあったんだけど、腹の奥から異音がしてはいたんだけど華麗に無視してた。
製造業に勤めるピックルは普段上司から

「異音があったらすぐに対処!」

って耳にタコができるほど言われているんだけどねぇ・・・


まだあの名も知らぬ若い女性とはサラダ記念日的な関係なので、店員さんに「トイレどこ?」と聞けず、悟られるわけにはいかず。


僕「ちょっと、池の空気吸ってきますわ」

って、華麗にアディオスして近くにあるトイレで用を済ませ、素知らぬ顔で戻ってきたら先ほどの女性はいなくなっていた。諸行無常の響きあり。


マジですか
ああそうですか
そうですか
(「ピックル怒りのサラリーマン川柳集」より抜粋)



「むしゃくしゃした、ビールでもよかった、抹茶でもよかった」

とばかりに、一心不乱に抹茶を消化する僕。抹茶って・・・塩辛いんだなぁ・・・(涙々)




【茶室・直心庵】

実は茶室はもう一つあるんだけど、それがこの「直心庵」っていう茶室。

20180520_094013266.jpg

20180520_113522801.jpg

寒川大明神の神託「直き(なおき)心」にちなんで名づけられた本格的茶室。この茶室は毎月1日しか開いていない茶室で、ここで茶を飲める人は相当ラッキーだと思います。




【奉納雅楽】

八気の泉にある石舞台では毎月数回奉納雅楽が演奏されます。

20180520_113809105.jpg

20180520_113904092.jpg



神嶽山神苑に参拝したのはこの奉納雅楽を聞くためでもあったんだけど、その様子がこちら。



先ほどの茶室・和楽亭から撮った動画。自分でいうのもあれだが・・・「もっと上手く撮れねえのかよ!」ってシャウトしていたのは仕様。

20180520_112117452.jpg




【方徳資料館】

八方除についての資料を展示する資料館。今日の記事の情報は全てここから入手しています。
神嶽山神苑に参拝した際には、一度足を運ぶと良いと思いますよ。

20180520_113329929.jpg

目次に戻る


13.摂社・末社



寒川神社には2つの境内社があります。

13.1 宮山神社



20180520_070410952.jpg

20180520_070040801.jpg

20180520_070337052.jpg

寒川神社の境内社というより、これだけで独立して一つの神社となってもおかしくないぐらいデカい神社。
元々はこの地に鎮座していた7つの小さい神社を合祀したものです。

この神社に白豆腐をお供えして祈ると母乳に恵まれると云われています。
安産・子育ての御神徳で古くから信仰されています。



13.2 御祖神社



神嶽山神苑の中にある境内社。
寒川神社の付近の人の英霊を祀る神社です。

20180520_094034325.jpg

20180520_094047269.jpg

20180520_094107739.jpg

20180520_113437913.jpg

※神社の名前になっている「御祖」(みおや)は先祖への敬称。

目次に戻る


14.その他の見どころ



【南門】

駐車場から参拝する際に通るのがこの「南門」
昭和4年に竣工した元の神門を移築したもので、側には旧神門時代の狛犬も鎮座しています。

20180520_065055443.jpg

20180520_065130129.jpg

20180520_065035725.jpg



【納札殿】

南門をくぐると見えてくるのがこの納札殿。
神札、お守りを返納するところ。総檜、銅板葺の流麗な造りです。

20180520_064957985.jpg




【人形奉斎殿】

駐車場近くにある建物。
1件1000円より、人形、ぬいぐるみなどを納めることが出来ます。

20180520_065410434.jpg

目次に戻る


15.御朱印



御朱印は社殿近くの授与所でもらうことが出来ます。

若い女性が書いていたんだけど、外見とは裏腹に力強い字。
流れるような筆遣いもよく、見ていて感心しました。

八方除の印も押された実にカラフルな御朱印。

初穂料は300円。

寒川神社

目次に戻る


16.Googleマップ






今日のまとめ



●寒川神社の御祭神は諸国一宮神社では稀な土着の神様。

●寒川神社から太陽の通り道を辿ると全国有数のパワースポットを一直線に結べる。

●本殿裏にある寒川神社の聖地:神嶽山神苑も是非参拝するべき




次回の神見大福は?



●北陸にある自然溢れる一宮神社を紹介。

●ピックルの諸国一宮巡拝の中でも、この神社はトップクラスに気に入っているんです。

●御神木は全国トップクラスの力強さ。これを見るだけでも参拝の価値はあります。



次回は7月8日(日)に更新予定。お楽しみに。

次回も読んでいただけると幸甚。

↓クリックでブログランキングへの応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング

コメント

非公開コメント

ピックル

性別:あるよ

年齢:「ゆりかご」から「墓場」の間(30代)

血液型:輸血の時駆けつけてくれる人だけに教えますが、大体はソ連A型か、香港A型だよね。

鼻毛:たまにでしゃばる

体質:非暴力・非抵抗を貫いているせいか、いつもウイルスの侵攻を許してしまい風邪を引きやすい。怠惰なT細胞よ、大志を抱け。

憧れるシチュエーション:バブル期のB級恋愛映画のようなメロドラマ

将来の夢:爪を甘噛みするのが男性のたしなみとなっている世界の創造。

最近の悩み:心のEDにかかってるのか、常にローテンション(略してローション)

生産者:武骨なチチと、クレイジーマザー。どちらも東北原産。

趣味:映画鑑賞(年間200本は見る)。将棋(一応、弐段)

それと・・・本ブログで書かせていただく御朱印巡りです。最近は諸国一宮巡りにはまっています。


友達にはよく「馬」と言われます。
目上の人にはよく「鹿」と言われます。

縦に読めばなんと「馬鹿」の出来上がり。

以上ですが何か?


当ブログはリンクフリーです!!!
貼るのも剥がすのも自由ですが、粘着性が強いため、剥がすのは困難かと思われます
(*´∇`*)ホヘ~


あっ、後ブログランキングに参加しています。クリックでご協力お願いします。

人気ブログランキング

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム